2015年2月20日金曜日

会社の制度を利用しよう(共済)

昨年は節約をしようと、いろいろ固定費を見直してました。

そんなところ、会社の共済募集を見て、医療保障を見直す事にしました。

医療保障とは、入院したら日額いくらで支払われる保険です。




医療保障に入った理由


もう入って10年くらい経ちます。

バイクを乗っていたので、ケガなんかして入院なんて事があったら大変だなぁーって

思っての医療保障への申込です。まぁ保障の知識は全然無かったですね。


掛金の比較


加入している大手保険会社と共済で比較してみました。

同じ条件でみると、共済の掛金が安かった。

大手保険会社と比較して、月額5150円が1200円になり、4分の1くらいです。
また、共済は加入している会社の皆さんが健康第一でやってくれば、余ったお金は
返金してもらえるので、さらに安くなる。

年間で、3950円 × 12ヶ月 = 47,400円の節約!!


というのが去年までの節約の考え方。

でも、いくつか疑問を持ってます。


そもそも医療保障って必要なのか?


おかげ様で、入院の経験が今のところ無く、費用がどのくらいかってところが、

いまいち分かりません┐( ̄ヘ ̄)┌

大手保険会社の保障内容ですが、入院すると日額 1万円が支払われる。

共済も、1口5000円の2口までで1万円っていう募集内容になってます。


日額1万円とは?



共済の説明を見ると、ざっくり次の内訳です。

1)入院、手術関係 5000円

※高額療養費(公的な保障)などを利用する。
※食事料(250円/1食)含む。

2)差額ベッド代 5000円

※4人部屋くらいの費用


会社の先輩が最近入院して、「個室にしたら日額7000円くらい取られたよ~」って言っており、
僕は独り身なので、大部屋でも全然構わなくて、必要ないかなーって、その時、思いました。

虫とり小僧さんの「入院時の差額ベッド代は支払わなくてもよい?」という記事を見ていると、
やっぱり払った方が良さそうな費用なんでしょうね。


必要かな?


僕の周囲で入院した人の話を聞くと、だいたい入院は1ヶ月未満です。
日額1万円でみると、1月30万、3ヶ月でも90万です。
多めにみても、貯金が100万円あれば、保障はいらないのではないかなぁ??

保険に加入しないで100万円を貯蓄待機させると、共済年額14400円の節約です。
これが資産運用でいうと生活防衛資金となり、利率1.4%運用ですね。

ただ、桃音さんの記事を見てると、それも必要なさそうです。

中堅サラリーマンの手術が決まって心配でたまらない気持ちは良く分かります(笑)
小心者なので手術なんて言われたら、ビビッて、とても細かく考えてはいられなさそうです。
普段から考えとかなきゃいけないのでしょうね。


まぁ、なにせ入院手術の経験が無く、医療保障を削っていいのかどうか迷います。

夏の契約更新時期まで考えます( ̄ヘ ̄;)


旅行・観光ランキング
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿