2015年3月17日火曜日

海外株の税金を取り戻すべく外国税額控除を使って、確定申告に初挑戦!!













確定申告、なんだかムズカシそうだなぁとずぅーと思ってました。。。


いやいや、ちょっとでも取り返さないといきません( ̄ヘ ̄;)


それと、収入が別に1つ出来たので、やらんといけんようになったこともあって、

確定申告に挑戦することにしましたー!!

来年の備忘録も兼ねて、ブログに残します。


今回の確定申告でやらないといけないことは?



・給与所得が2箇所

・譲渡損との損益通算

・外国税額控除の適用申請

の3つです。

譲渡損との損益通算は、昨年、塩漬け株式の1つ、電力株を少し売却しました。
これと、配当金との損益通算すれば良いかかなーって考えました。

集めた書類はなに?


・源泉徴収票

給与所得の時必要で、2箇所で収入があったので2枚

・証券会社の取引報告書

 取引があるの証券会社はSBI証券だけなのでSBI証券の取引報告書
  ※SBI証券のHPからダウンロード

 持株会の配当証明

・外国株式等 配当金等のご案内(兼)支払通知書

配当が出たごとにあるので、1年間分です。
※SBI証券のHPからダウンロード。

申請方法はどーする?


国税庁のHP、作成コーナーで作成しました。

<参考 国税庁 HP


入力の方は、他のブロガーさんが丁寧に解説して頂いているので参考になります。


外国税控除のところは、書類のどの内容をどこに入力するのかが
SBI証券のHPを見ると、分かりやすかった。

<参考 SBI証券 HP

それで、入力した結果は?


還付される金額は、 9,699 円 です。


あれっ( ̄Д ̄;)



戻ってくるのは、大変うれしいですが。

だいたいの計算をしてて、もっとあると腹黒く思ってました。


提出方法は?


それで、提出は郵送でも構わないようですが、

間違いないか職員さんに聞きたくて、最寄の税務署に持って行きました。

住宅ローン控除で確定申告の方に税務署はめちゃくちゃ混んでいると噂に聞いてました。

税務署では?


税務署に行き、入口には提出のみの方、作成の方と2つ矢印があります。

どっちかなぁと思って聞いてみました。

「書類は作成してきました。でも確認したいです。」

自慢げに書類は出来ていることを見せてアピールしたところ。

「作成コーナーに行ってください」と言われ、順番待ちになりました(T_T)

3人くらいいましたが、割とすんなり順番が来て、まずは名前、住所などの受付票を書き

またそこでしばらく待ってました。

担当の方が来て「如何しました?」と聞いてきたので、書類は作成してきたことをアピール。

内容を確認したいと伝えました。

書類をパラパラとめくり一言。

「書類は揃って大丈夫なようです。」

「還付金が少ないと思うんですが。。」

「控除に限度額があって、金額が間違いないようです。」

「あっそぉ」( ̄Д ̄;)

提出コーナーに出して帰りました。

まとめ


HPの作成コーナーで作成し、出てきた書類がいまいちよく分からず、確認不足で

税金の計算もきっちりやってませんでした。

来年に備えて、所得税の計算をきっちり学習したいと思いました。

譲渡損との損益通算では、配当と損益通算しましたが、株式売却での損益通算にして、

配当控除を受けたほうが良さそうな気がしました。

なにせ、塩漬け株はもうちょとありますし、持株から日本株式ETFへのリレー投資をするなら、

損益通算できそうです。








国内旅行 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿