2015年7月7日火曜日

過去の失敗から利益確定はやらないことにしよっと。

米ドルMMFを、また購入し直しました。

何のことかというと。。。。

2016年度から売却損益に税金がかかるから、

今年度中に売却したということです。

<参考 2015年中に外貨建てMMFは、こうしよう!!



購入レートと売却レートの差分に税金がかかってくるということなので、
購入レートは円安レートの方が良いですよね。
最初に持っていたレートはおそらく1ドル=105円くらいだったと思います。
「おそらく」というのは、購入時のレートって記載されている訳でもなく、
購入日のレートで推測すると、たぶんこのくらいって事です。

1回目は、これをドルに換金して、買いなおしたので、
だいたい119円くらいになりました。

さらに円安が進んだので買いなおして、
2回目、1ドル=124円くらいのレートだと思います。

いやいや、そんなことしなくても円に換金して、利益確定すればってことなんですけど。

外国株式の商品は、今後も購入します。
すると、日本円に換金して外国株式ファンドを購入するのであれば、
米ドルのままにして、外国株式を買っちゃったほうが手数料も無駄だし、
合理的なんだろって考えました。


利益確定って、やりたくなるけど投資をずっと続けるなら

合理的でもないですよね。


以前、今のように株価が上昇した時期がありました。

投資信託を買って、少し利益が出てきたので、うれしくなったし、

このまま上昇するのかなぁって不安なところもあったりで、

利益確定をしました。


でも、また買っちゃって、売ってーを繰り返しているうちに相場が

下落して痛い目にあいました。

落ち着いて考えると、売らなきゃよかった(T_T)

最近、同僚に株価が上昇したんで確定拠出年金、利益確定で

株式から定期預金に替えちゃったと聞きました。

どこかで下落したタイミングで購入できれば、いいのだけれど、

我慢できずに買っちゃって、下落するかもしれないし、

難しいですねー。





国内旅行 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿