2016年11月6日日曜日

雪道でこけたら大事!ユキダスを装着して雪国秋田に挑む!!

1月に秋田に行きました。

前回、秋田に行ったときは、名古屋から飛行機で移動し、
久保田城を巡って、ご当地もんを堪能しました。

<参考 秋田の観光地、久保田城をお城巡り。

<参考 秋田は、とっても旨いものがいっぱいです!!ご当地もんを堪能しました。


秋田新幹線『こまち』


今回は秋田新幹線『こまち』での移動です。


東京駅を『はやぶさ』と連結して出発し、盛岡からは単独で秋田まで進みます。
仙台を越えて、ちらほらと見られた雪が降ったあとも、
盛岡をすぎて、山に入っていくと本格的な雪国の景色に変わっていきます。


















秋田駅に到着しました。

山間部で雪国景色を十分見てきたので、
秋田駅に着いたときは想像よりは雪が少ない印象でした。





















しかし、タクシーで秋田市内を移動すると、やっぱり雪国を感じさせます。













路面が黒いところも、凍っている場合があり、
タクシーを降りて歩いてみると、細心の注意が求められます。

雪国の歩き方


雪に慣れてない僕にとって、雪国を歩き回ることは困難な出来事です。

様々な事を考えて、この一大事に挑みます。

まずは、北海道で購入したスペシャル兵器である『ユキダス』を靴に装着して、
秋田の街に挑戦です。






<参考 楽しかった小樽、次回、冬の北海道に向けて滑り止めの対策をしよう!!

『ユキダス』での歩き方は、装着した靴裏の滑り止め部分に
意識を集中して体重をかけるのです。

雪道を歩くと効果は感じますが、過信してはいけません。
凍っているところ、氷の塊の上ではやっぱり滑りますので、慎重に歩きましょう。

手袋も重要なアイテムです。
コケることを意識して、ポケットに手を入れてはいけません。
しかし、手を出していると、半端なく凍えそうなくらい寒いので、
手袋を着用しましょう。

地元の人いわく、こけたからといって手をついてはいけません。
手をつくと骨折するので、気を付けましょう。
雪国の人は慣れてる分、スタスタ歩いて、よくコケて、
逆に外から来た人の方が、慎重に歩くのでコケにくいそうです。


国内旅行 ブログランキングへ
にほんブログ村 株ブログ インデックス投資へ
にほんブログ村
このエントリーをはてなブックマークに追加

0 件のコメント:

コメントを投稿